1千万円を貯めるには

1千万円という金額は、いきなり手にすると金額の大きさに感覚が麻痺します。

1千万円あるからいいや。と散財しがち。宝くじ当たった人がお金の使い方を謝って、人生転落していく人は多い。

日本人は数字の計算は得意なのに、暗算だってできるし、電卓だってみんな使える。

お金の使い方を知らなくて、苦労している人が多いと感じます。

私もそうでしたから。

若い頃はお給料も安かったので、その範囲で生活する事ができず、キャッシングで1万円を借りては返すを繰り替えてしてました。ある日、これでは一生給料で生活することは出来ない事を悟り、節約に励んで借入せずに生活できるようになったので、まあ良かったね。と

その頃、複利の計算はよく理解してなかったけれど、リボルビング払いの18%という金利は暴利だと感じていたので危機管理能力はあったんだと思います。

パチンコとかのギャンブルは嫌いだったので、まあそこも良かった。

本題に戻りますが、毎月1万円をコツコツ貯めて1千万円に到達するまでには、84年かかる事を、みんな知ってるはずなのに計算してないよね。とよく思います。

その期間を半分にするには、毎月2万円で42年間。

貯金だけで、1千万円に到達するには、大変な労力と時間がかかるわけです。

なのに老後2千万円問題は、定年まで会社員やってるオッサンとか、ベンチャーの若手で給料凄いとか、そんな人達の話で、底辺を生きる私のような独身ババアには縁遠い話でした。

まあ、お金が無くても最悪生活保護という手段もあるので、私はチャレンジを続けています。

どんな手段を取るかは人それぞれですが、会社員で退職金も無くなってきている昨今、どうやってお金を貯めようかと思ったら、

ものすご〜く簡単な事ですが逆算してみてください。

22歳で就職、65歳定年

約43年仕事をし続け、毎月4万円を貯蓄したいくと、2千万円を少し超えます。

毎月4万円ってなかなか貯められないですよ💦

しかしこの方法は、インフレの事は加味していません。将来、卵の価格が倍になってしまったら?

老後2千万円問題を読めば読むほど、世の中の8割の人は難しいんしゃないかと思えて仕方ありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA