貯蓄1:貯金をしようと強烈に思った出来事

私はバブル世代を謳歌した現在54歳

貯金なんて本当にできていませんでした。

その結果が40歳位の時にリストラに会い、正社員の職を得るまでに苦しい日々を過ごしていたのですが、ある日届いた年金定期便、そこで気づいた自分の年齢!

おお!現役ってあと20年しかないじゃないのよ(驚)

定年を迎えたらいったい私はどうやって生きていったらいいの?

そしてこの年金の少なさ!

 

結婚はとうに諦めていたので、おひとり様でなんとかしていくしかありません。

失業の中、預金口座にあった貯蓄は100万円を切っていました。

早く就職しなくては!

 

そして私は節約ができるタイプではありません。さあ!やろう!と思い立っても3日坊主です。

形から入るタイプなので、お弁当箱買って3日で弁当終わり。ランチに外食に誘われると断れない。そんな性格なんです。

 

失業中はさすがに黙っていても家賃や水道光熱費はかかっていくので、ペットボトルに水道水を入れて持ち歩いていました。

面接に行くための交通費もつらかったんです。

 

唯一の救いは失業保険が少しですが出ていたこと。

でも期限は有限です。本当にあせっていました。

 

無事になんとか正社員になる事はできましたが、お給料はそんなに高くありません。

そんなお金にだらしない私が実践し、54歳になった今、800万円の金融資産を増やした体験を交えながらお話を進めたいと思います。(トータル14年かかってますので、誰にでもできる方法だと思います)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA