自宅を購入する際に投資と捉える

私は戸建派で、家は賃貸より購入をする方が良いと考えています。

都心部に住んで居るわけではないので、戸建て住宅が安く買えます。

住宅ローンを利用すると、賃貸物件よりも月額の支払いが少なくなるケースも多いです。

しかし戸建でもマンションでも購入すると修繕費や固定資産税は別途必要になってきます

ただし、賃貸は一生払い続けて終わり

購入した場合は最後に売却すればまとまった資金が入ってきます。

これが不動産は貯金だと言われるゆえんです

でも、今後の少子化が見えている中で、必ず資産が残るという物件ばかりではありません

不動産の世界にアルバイトから飛び込んでみて見えてきたのは、物件を見る力

なんでもそうですが仕事としての目線は知識を大きく伸ばします

これって年齢関係ないんですよね

現在住んでいる戸建はリセールバリューの良い家です。

購入する時はカケでしたが(見る目が無かったので)、不動産を見る目が養われて買ってよかったと思いました。

不動産はとても長い目で見て使用収益を得ることができる資産形成のひとつです。

今後の投稿は、引っ越しあたりからのテンション高めで住宅ローンで悩んだ話の記事をお楽しみください

2 COMMENTS

森近秀光

楽しいコラムありがとうございます。不動産にパソコンに日曜大工に、なんでもできて羨ましい。

文体が独特なのでそのうち出版のオファーがあると思いますよ!

返信する
takahashi

森近様
コメントありがとうございます!
そして嬉しいお言葉、本当に嬉しいです(´∇`)

年齢に負けずに頑張ると嬉しい出会いが沢山ありますね!

これからも応援よろしくお願いします

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA