自宅を投資にするか消費にするかはあなた次第

昨日はリセールバリューの良い家を購入すると、投資になるよというお話でした。
リセールバリューの良い家を探すには相場感を養うと良いですよ

さて、将来、自宅を投資にするか消費にするかは、購入後のお金の管理がとっても重要になってきます

それはなぜか

①住宅ローンが残っていると、賃貸に出す事ができない(金融機関がほとんど)

②住宅ローン残があって売却するときに、売却損が出ると売りずらい

一生住むと決めて購入している方はこのブログを読まれる事は少ないと思いますので(笑)
所有権を持つという事は、その家を持ち主の自由にできるという事なんですが、いかんせんローンが残っていると抵当権が付いているがために中々自由にしたいんだけど出来ないというジレンマに陥ります

ですので、購入前に家計の把握を行って、無理のない返済であるとか、将来家を投資対象にしたいのかどうかを考えておく必要があるわけです

このブログでは、家計管理を含めて将来に向かって資産を形成して行くことを目標にしています。
私が49歳の時に老後のお金が足りない!と気づいた時から様々な方法を実践してきた体験を載せていきますので、どうぞ皆さんの参考にしてください

なんでもやってみて、経験して初めて自分に向いているかいないか?これなら楽に続けられる。
これは継続は無理っぽいな?そんな事を読み取って頂ければ幸いです

無茶もしましたが、なんとか4年で900万円の金融資産をふやすことができています。
今後も資産を増やす方法をUPしていきますので、お付き合いくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA