突然200万円増えた理由

私が自宅を購入する事になった際、手持ち資金は200万円でした。
200万円。。。49歳にしては決して褒められた貯蓄額ではありません。

そこで購入資金は全て住宅ローンを組んで賄おうという事になりました。
人生、生きていれば突発的にお金が必要になる事がありますからね

もうひとつ、家が築48年でしたので、リフォームも必要だろうとなったのです
躯体は宮大工が建てた家というだけあって素人目に見てもかなりしっかりした建物です。
平屋というのも良かったのでしょう。2階の重みもないので家にゆがみがありません。

でも外壁の痛みや、水回りや古くなった畳、現代の生活に即していない押し入れ
収納が無い部屋も多く、だったらひと部屋をクローゼット変わりに使うか?とか
壁も砂壁で古びているし、床も傷みがひどい所が多い
襖や障子も傷んでいるし、エアコンもたくさんついているけど、古くて使い物にならない
いつ動かしたのかわからない錆びた給湯器

今風に暮らせるように。とリフォームも計画しました。

住宅ローンを組む際にリフォームの見積もりも併せて借りる事になったのですが。。。

無事、銀行で決済引き渡しが終了した後に、鍵を受け取り家に向かったところ、何故か知らないおじさんが合いかぎ持って勝手に家の中にいるんです!

「きゃあ~」と思わず声が出そうになったのをぐっと飲みこみました

ここら辺のくだりはどうかな~?とアメブロで書くのを躊躇してたんですが時間も経って自分が落ちついたので書こうかな

だ、誰?「どちら様ですか」と声を振り絞りました

するとそのおじさん、「ここはこうでこうやって直したらどうですか」と挨拶もせずに勝手に話はじめます

いやいや、ここ引き渡し受けたからもう私の家のはずなのに、なんで合いかぎ?
後で不動産屋に確認をしたら、リフォームの見積もりを出すのに鍵を預かりっぱなしにしていて、お願いしていた業者が高かったから業者変えたんです。と衝撃の発言!そんな事聞いてない(怒)

確かにリフォーム見積の時の所有者は売主だったわけで。その時に鍵を渡すのはありだとしても決済の時にすべての鍵をなぜ私にくれなかったのか
当時は気が動転してぽか~ん。な状態だったのです。

費用を出すのは私なのに勝手に業者を変えられ、自分の知らない間に知らない業者が勝手に家に入りこんで作業している

ぞっとしますよね。

さすがに業者が帰った後に不動産屋にクレームです。多分怒鳴っていたと思います。
最終的に当初見積もりを出して貰っていた業者さん、社長さんが私は気にっていたので再度依頼する事になりました。

もう一度来て頂いて、住めるようにここ、あそこ直してほしいと依頼
するとその社長さん、住めるんだからそんなにしなくていいでしょ。必要最低限にして壊れたら直せばいいんじゃない?
という商売っけのない返答

廊下?そんなの自分でできるよ~と笑い飛ばされたのです。私はえーーーー???そ、そうなの?となりまして
できるところは自分でやるというスタンスになりました

結局業者にお願いしたのは、トイレ交換、寝室にしている畳の交換、押し入れのクローゼット化
電気屋さんにお願いして、蛍光灯類をLEDに。しかも部品は自分でネットで買っておいてねみたいな対応

リフォーム費用で借りた250万円は結局50万円しか使わずに済んでしまいました。

知らない業者に成り行きでそのまま進んでいたら普通に250万円支払っていたと思います。

結果、良い業者さんにプチリフォームをお願いする事ができたんですが、そんなにお金借りなくてもよかったんじゃない。。。と手元に残った200万円を通帳ながめて放心したのは言うまでもありません

ここで貯金残高は400万円になりました(借金も莫大に増えたけどな)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA