生保レディを論破した話

その昔、23歳の頃、保険のおばちゃんに勧誘されて入った保険

途中で払うのが辛くなってやめたいと相談。そしたら掛け捨て部分はやめてもいいけど積立てのは絶対あなたの将来のためになるから、そのままにしておいた方がいいと言われてそのまま失業してもかけ続けていました。

 

現在も生命保険は積立の5144円と県民共済の2000円を月額で支払っています。(国保の制度があるので、変な生命保険かけるくらいなら貯蓄と株で増やします)

積立は月額5144円

これを23歳から60歳まで積み立てると約228万円です。

そして受け取れるのは60歳から毎年59万円、合計590万円。保険のおばちゃんありがとう!

でまあ額面だけ見ればいい金額なんですが、差益に対して20%強の税金も取られます。

一括はわかりやすいんだけど10年分割で受け取ったらどうなるんだろう。。。

1年ほど前のある日、保険のおねーちゃんから電話があった。

 

保険の受け取りで税金が引かれるのをご存知ですか?皆さん、税金の額に驚かれるんですよ!そんなにとられるなんて知らなかったわ!っておっしゃるんです。それを機会に保険の乗り換えをされている方が大変多くて。。。

 

 

という内容でした。

はあ、で?差益の20%と復興税ですよね。それって常識じゃないんですか?と返したところグウの音もでずに押すのをやめた(笑)

 

結局のところ、この保険積立をやってる人は世の中に沢山いて、(私の同年代ね)実際支払いが始まる頃には大きな損失を生んでくるものと推察されるので、保険会社も訳わからん被保険者に乗り換えを進めているんだと思うのです。

まあ電話してきてるねーちゃんも訳わかってなさそうだから、簡単に引きさがってくれた訳であるが、もう少し理論武装してきてくれないとねえ。

とりあえず保険かけてたなあと思い出したので、60歳満期で一括で受け取りる場合と10年分割で受け取る場合とで、どれだけ税金に差額が出るかを聞いてみようと思ってます。

なぜならば、毎年貰ってる最中に保険会社が倒産したら損しちゃうからね!

 

皆さんも保険の見直しを〜

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA