浪費・消費・投資、不動産は?

おはようございます

高橋です

今日は不動産買う前に考えてみて。をテーマにお話しをば。

あまり新築を買いに来られるお客様には申し上げませんが、不動産は浪費・消費・投資のどれだとお考えでしょうか。

人それぞれ収入も違えば境遇も違います。

その昔、バブル絶頂期は不動産は買えば値段が上がると誰もが信じていました。

このころに必死に家を買った方はもちろん「投資」と捉えて購入したのでしょうね

最近のタワマン事情はどうでしょうか

やはり新築時より値上がりしている物件は多く(ムサコ除く)これも投資対象として購入している方が多いのではと思います。

高橋の在住している八王子では、駅近であればそこそその物件価格になりますが、バス便になるといきなり新築戸建てやマンションの価格が下がってお手頃になってきます。

ここで家を買う方は「消費」である部分が多いのではないでしょうか

ただ賃貸に暮らすよりも月額の支払いが安く、所有権もあるとなれば少なくとも将来ゼロ円になってしまうリスクは少ないと考えれば、貯蓄替わりに家を買うという方もいらっしゃいます。

家を買うときに、ご家族で浪費・消費・投資をどのように考えているか、お話をされてから物件選びをすると良いかもしれませんね。

高橋は不動産は投資であると捉えているので、投資に見合う物件をいつも探しています(なかなか無いんだな~これが(笑))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA