携帯電話を格安SIMへ移行した理由

携帯電話、高いなって持った時から思ってました。

初めて携帯電話持ったのは1998年頃

そのころは見栄だけで生きてました(笑)バブル世代ですからね、新しい携帯の機種が出れば飛びついてました。

キャリアもドコモしかまともに通話ができないような頃です。

それがやっと大手キャリアを脱っせたのは、日本通信が通話し放題のプランを打ち出した昨年2020年

不動産の仕事柄、土日の通話料がものすごく、かけ放題プランでなければならなったんです。
不動産の仕事を始める数年前から格安SIMへの構想があったんですが、いずれも口コミ見ても通信状態がいまいちでした。
通話が重量課金だったりデータ量の不足だったり

5年前までは自宅にネット回線を持ち、携帯電話にポケットWi-Fiまでもっていて、月額の通信料は2万円ちかくになっていました。

これは不味い!と現在の状況に着地するまで長い時間を要しました

⇒現在の状況はこんな感じ

・携帯電話 iPhone SE 第二世代
キャリア 日本通信 合理的かけほプラン 月額2,728円
楽天モバイル 1年無料

・ポケットWi-Fi とくとくBB 月額4,690円

 

iPnoneはデュアルSIMで音声を日本通信に、データを楽天に使用しています
楽天の電波状況が良くなれば、ポケットWi-Fiを解約したいと思ってるんですが、、、まあまだまだ難しいですよね。無料期間はきっちり使います。

ただ、なんでもかんでも携帯で繋ぐと携帯の電池消耗が激しい事が難点。
楽天に乗り換えるとしてもWi-Fiルータは別に持った方がいいかな?と思案中

携帯電話の無い時代は、通信料がこんなに膨大になるなんて思ってなかったです

固定電話の不思議な保証料なんて払ってましたけど月額は4千円もいかなかったんじゃないかな

年齢とともに収入もあがって、無駄な固定費を何十年も支払ってしまったという結末です。

まあ、今気づけてよかったかな

頭が固くなって現状から動けないとなったらお金が無くなっていく一方でした

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA