投資信託は向いてない

初めて株を買ったのは投資信託でした

当時テレビ番組でも話題になっていた「ひふみ投信」です

SBI証券の窓口のお姉さんもお勧めしてましたし、なにせ株ってなんですか?なアラフィフの私

とりあえずお勧めっていうんだから買ってみようと思い立った訳です

ちなみに、株は人にお勧めされて買う物ではありません。ご自身で判断して自己責任で購入するものです

毎月1万円づつNISAで積み立てて10年運用。という計画でした

最初の1年はテレビのCMでもNISAをわちゃわちゃやっていて、ネットで気軽に取引でき、少額から投資できると個人投資家が増えた頃でした

もちろんセミナーにも行ったんですが、頭で考えているより身銭を切って動くほうが性に合っているので、まずは始めてみよう!とやってみたのが投資信託です

本当に最初の1年は積立額に対して徐々に利益が出てウキウキでチャートを眺めていましたが、個人投資家が増えてAIで運用をする人が増え、株価が少し下落するとナイフが落ち始めます

元本に戻るまで積立続ける勇気がなく、積立を中止してしまいそのまま株価の回復を待ってしまいました

これが間違いだったと後から気づきます

株価が低い時にこそ買いにいかなければいけないのに真逆の事をやってしまった為に、株価回復まで2年ほどを要しました

後から思えばアホなんですが、そこは人間の心理なんですよね

損してるところに追加で資金投入できないんです

単元株で購入していたパナソニックも同じ失敗をしています

購入時は1500円程度でしたが、みるみる下がって600円近くまで下がりました。

もうその時は数字を見たくもない!という心理状態で放置してしまったんです。なんで600円でナンピン買いしなかったのか。。。

安定起業は日経平均株価と連動していずれ高騰していきます。これを書いている現在は1465円まで回復しています。これも最終は利益が少し出て売ってしまいましたが

自分の心理を分析すると次回に活かせるね!と前向きにとらえています

本題ですが投資信託はどこぞのどなたかがパッケージしてくれた商品です。自分自身の判断で購入しているものではないので、判断が逆に難しいと思いました。

コツコツ積立の投資信託が向いているという方もいらっしゃるかと思いますので、いくつかチャレンジした投資信託で、失敗したもの、失敗の少ない物をご紹介していきたいと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA