定年の無い仕事のために①

40代後半にして勉強を始めた私。

リーマンショックの少し前に不動産会社にいたことがあり、宅建主任者の勉強をしたことがあったので、再開しようと心に決めた。

現在は士業になった宅建だが当時は最後の主任者試験という時期だった。

本業で多少不動産の取引があったので、クビにならないよう資格だけでも取っておけば会社にしがみつけるのではないかという小心者の考えだった。

勉強なんて何年もやってない。

教育訓練給付が使える事からビジネススクールで学ぶことに

効率よく勉強の仕方を教えてくれるのはいいんだけれど、課題が多くてとにかく勉強の時間を作る事がとてもつらかった。

電車の中はもちろんだけれど、夜は眠くなるので早くねて早起きして会社近くのカフェまで行く。そこから勉強スタート

当時だったらこれだけでブログ運営できてたね(笑)いつ書くんだ?というのはおいといて

どんな年代の人でも勉強してる人はいるわけで、いつもの時間にいつもの人が座って勉強している空間があった。

現在は53歳になったけれど、もうそんな体力は無くなっていて、あの集中力はもう無理かな?とも思ってしまう。

最終的に合格となってとても嬉しかったのと、今の会社じゃなくてもいいのかなと考えられるようになった。

どんな勉強でも体験でも、目標に向かって頑張っていると自分に自信が持てるようになってくるので、チャレンジはやってみるべきだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA