定年の無い仕事のために②

宅建を無事合格し、その後ゆるりと登録実務講習を受け、主任者証の交付まで受けた。

本業の会社に仕事で使ってもらえるならば少し費用を出してもらえないかと交渉してみたが、あえなく却下

まあ富裕層向けの不動産を扱うのでたかが事務員にはどうにもできるシロモノではない。

そこで土日は会社員引退後も仕事を続けていけるようにと不動産会社で経験が積めないか?とアルバイトを探していた。

当時は賃貸も売買も区別もつかない程、世間知らずで、自分自身も賃貸物件にしか住んだ事がなかったので。

運よく?賃貸の不動産屋で物件案内の人員を募集しており、宅建士の資格があるのでと言ったら即採用となった。

しばらく案内をやってその後は契約する部門へとの約束だったはずなのに。。。

人手不足を理由にいつまでたっても案内役から離れる事はなかった。時給は東京都でギリギリ違法にならない金額。

資格なしで同時期に入社したおばちゃんと同じ時給だ。

そんなバイトに嫌気がさしていた時に、友人の紹介で売買の仕事をやってみないかという話が舞い込んできた。

つづくよ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA