なぜフラット35は喜ばれ、投資家は嫌われるのか

日本では、住宅ローンを組んで家を買うのは、皆に喜ばれます。家を契約すると、おめでとうございますって言われますよね

引越しすると、お祝い貰えます

ところが投資家というと、怪訝そうな目で見る大人が多い。

ここ、なぜ?っていつも思います。投資家イコール不労所得で、働かなくてもお金を稼げるから?日本人は勤勉なので、働かない人は嫌いなんですかね?

それともお金を持っている人が妬ましいのか

住宅ローンと投資家って切っても切れない関係があるのを皆さんご存知ですか?

ざっくり言うと、フラット35の貸付金は投資家が出資しているから成り立っている構図があるんです

詳しくはこちら

https://www1.fastcloud.jp/jhffaq/flat35/web/knowledge347.html

これは株投資などでも言えることですが、金融知識を正しくもって、良い悪いを判断して欲しいなぁと思うのです

投資家がいなかったら、家を買える人が少なくなるという構図です

ご年配の方は株投資なんて、ギャンブルだから絶対やらない!!!と毛嫌いしている方も多いですが、いざ始めてみるとハマり過ぎて損失を出す方が多い。

これは経験値が浅いから損失を産むのであって、若い頃からコツコツ勉強してみれば株投資ってそんなに恐くないとわかります。

人はわからないことは恐いと感じる生き物なので、面倒がらずに勉強してみて下さいね

小さい経験を積み重ねて大きな経験にしていくことをオススメします

そんな方のお役に立てるブロガーを目指しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA