それは突然の出来事だった

2017/4/1 このブログはamebaブログにて投稿していた記事を編集しています。

私の住んでいる賃貸は古いこともさることながら、長年の貧乏生活でもっている物も古いものが多い。

元来、掃除や片付けが苦手で好きじゃないときた。

そんなところに出会ったのが「断捨離」

自分の中で片づけブームが起きた。
片付けでSNSで知り合い、友人となった女性につぶやいた。

仕事がやりがいがなくてね~。
でも年齢的に雇ってくれる会社なんてないしさ。

その女性は言った「お父さんに聞いてみようか?顔広いし」

ダメ元で私は言った「わーい!よろしく~」

そしたらね、突然、不動産屋さんを紹介されたんです。

それからね、転職の話じゃなくて、家を買いませんか?という話になったんです。
もちろんアルバイトもする事になったんですが。。。

疑いましたよ~滝汗

だって転職の話をするつもりが家買いませんか?だもの(恐)

もともと不動産屋で仕事してたってのもあったが、だいぶ事務職長いから不動産屋の仕事なんて何していいか知らんしな

ところがね、家を買う話、よくよく話を聞いてみると納得することがとても多かった。

話が上手な営業マンだからね。

しかもね、不動産屋さんって金のクサリをジャラジャラさせて暴力団と見まごう人を想像していたのです(いつの時代だ?)

営業マンはとても清潔そうなスーツ姿で誠実そうな普通のサラリーマンのようだった。(ちょっとホッとする)

お茶飲みながら聞いた話が目からウロコだったのです。
つづくよん♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA